江口夏実『鬼灯の冷徹』弐 ②

61fH4aekaIL._AA324_PIkin4,BottomRight,-48,22_AA300_SH20_OU09_[1]

第10話「精神的運動会」

何気に今までのお話のなかで一番好きかもしれません。

なかなかシュールな運動会の始まりです。今年で100回目だという運動会。ベテランも飽き始めているということで、今回は鬼灯様が大会委員長になってプログラムを一新するそうです。この人何でもやるね。

「スポーツは筋肉」という固定観念から見なおそうということです。

そしてかりもの競争で早速餌食にされる唐瓜。

「今年の運動会は全体を通し精神的負担を伴います。さあはりきってどうぞ」

鬼灯様、心底楽しんでいるようにみえます。

しかし、そんな精神をえぐるかりもの競争にも堪えないのは、茄子。ひとのヅラをかっさらってゴールするこの子は大物です。紛うことなき大物です。すごい。

動物の参加もあって、最後は惨酷ピタゴラスイッチ。そして、最後の最後のオチ。こんなに精神的にえぐられて全部リハって。。

鬼灯様にブーイングしないのは、獄卒の鬼がみんな良い子だからか、鬼灯様が怖すぎるのか……。

 

それにしても、鬼灯様は鬼や亡者には厳しいですが、動物たちには驚くほど優しいですよね。あとケルベロスはどうやってバンドを組んで演奏しようとしたのかめっちゃ気になる。音楽性の違いを感じる以前の問題なんじゃなかろうか。笑

 

今回のベストオブはかりもの競争で「好きな異性」をひいてしまった唐瓜に対する鬼灯様の一言。

「言っちゃいなさいよ唐瓜さん。そして玉砕すればいい」

 

第11話「ニャパラッチ」

新キャラ!アイドルのピーチ・マキちゃんとゴシップ記者の小判!二人とも可愛らしい……☆色々迷走しそうなアイドルと、ゲスい猫又の記者。

今回は小判が鬼灯様を密着取材するようですが……。

口では厳しいことを言っておきながら、小判ののどをごろごろと触る鬼灯様は、まさしく動物好き。

でも、一番は金魚草なんですね……。金魚草、鬼灯様の背後で叫ぶ表情はまさしく断絶魔のそれですよね。可愛いです。

しかし、小判の思惑通りには取材が進みません。ガードの堅い鬼灯様の前では、ゲスい記者もなかなか面白いネタは見つけられませんでした。最後に写真を、と鬼灯様の指示通りに撮影すると……。

 

奪衣婆さん。まっぱだかでも大事なところはしっかり隠れています。貞操観念のあるすばらしい女性ですね☆

今回のベストオブは「ワーーーーン」。

シロってたぶん、すごいあほの子ですよね。

 

第12話「地獄アイドル ピーチ・マキ」

扉絵の鬼灯様と閻魔大王がめっち可愛い!ステキ!流しとか、もうほとんどいないんですよね!BAR金色夜叉いきたいな!!

さて、今回は11話でも出てきたアイドル、ピーチ・マキのお話☆

桃太郎以上にピーチを主張し、おしりの形の帽子を乗せた迷走アイドル。迷走感がはんぱない。さすがの鬼灯様も、マキちゃんを一目見て、顔が険しくなってます。

無邪気だけど、万引き犯に容赦ない感じが可愛らしくて私は好きなキャラですね……!

それにしてもアイドルに可愛く見つめられても、延々と地獄のしくみについて語る鬼灯様は……、なんかブレないですね。

今回のベストオブは「……太田胃散ください……」。小判にゃん、口から血でてるよ。。。。

鬼灯様、小判にゃんに段々容赦なくなってきてます。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ