諌山創『進撃の巨人』5 ⑥

51t9QwO4P4L._SS450_[1]

第22話「長距離索敵陣形」

 

ついに元ウォールマリア領域、つまり今の壁外へと調査に出たエレンたち。初っぱなから巨人が襲ってくる無法地帯っぷり。扉を出たらすぐに死ぬなんてことも普通にありそうな緊張感ですね。怖すぎ。

 

エルヴィンが考案したという長距離索敵陣形について徹底的に紹介された回でしたね。そういや、この陣形を展開して進撃した描写がきちんとしてたのはこのときだけでしたね。

 

そしてこの回はアニメでは最強にかっこよかった。笑

 

一番印象に残ったのは、壁外遠征に出る前。調査兵団に入ったジャンがエレンに問い詰めるシーンでした。エレンの巨人化能力が不確実なものであることを知って、問い詰めたその心持ちがまさに命をかけた「調査兵」そのものの気がしました。

 

「知っておくべきだ。エレンもオレ達も。オレ達が何のために命を使うのかをな。じゃねえといざという時に迷っちまうよ。オレ達はエレンに見返りを求めている。きっちり値踏みさせてくれよ。自分の命に見合うのかどうかをな…。なあ、頼むぞエレン」

 

まさに、死を覚悟した上で、作戦中の一瞬の迷いが命取りになることをも自覚したこのジャンの問い詰めは、彼の兵士としての優秀さを示しているような気がします。

 

しかし、今回のお話でついに女型がでましたね。壁外に出てしばらくしてから追いかけてきた女型。

 

奇行種を平地にもかかわらずにナイスコンビネーションで倒したネス班長とシスを、簡単にあっけなく、まるで蚊でもはらうように殺してしまった女型。その女型にまず最初に接触した104期生はアルミン。

 

班長のネスが殺され、自分も女型に追いかけられたアルミンのパニックぶりが絶望的な回でした。

 

ほんと、進撃の巨人は読むとなかなか心にぐっときて、しんどくなることが多いですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ