諌山創『進撃の巨人』5 ④

51t9QwO4P4L._SS450_[1]

第20話「特別作戦班」

おそうじ兵長の回。笑

 

特別作戦班、通称リヴァイ班に配属され、その監視下についたエレン。旧調査兵団本部へ移動。今回はリヴァイ班の面々の紹介、といったような回でしたね。

 

そんでもってハンジさんの奇行種の回。それぞれの調査兵の関係性や個人のキャラの落とし込みがあった後、ハンジが被験体としてみていた巨人二体、ソニーとビーンが何者かに殺されたところで今回は終了。

 

エルヴィンが何か探ってるぜ、っていう感じで、読者もエレンもこの情況に全くついていけない感じで終わります。

 

今回は前回でひとつの話が一段落し、また新たな謎と展開が待っている。そんな今後を予想させるような回でしたね。

 

それよりリヴァイ班の面々が面白くてよかった。笑

オルオとペトラは同期らしいですね。なんか夫婦漫才的でかわいい。ていうかオルオがすげぇ馬鹿で面白い。笑

 

あと今回は笑って良いのか分からないギャグが満載でしたね。リヴァイのおそうじ姿とか、、、これ、三十路のおじさんがする格好でもなければ、元ゴロツキがする格好でもないような…。笑

 

ハンジさんとリヴァイの関係もいいですね☆全くかみあっていない、正反対とも言える性格なんだけど、なんかお互いの信頼関係が垣間見えるような会話の成立の仕方。いや、ほとんど成立してないけど。二次創作で彼らの恋愛事情が創作されるのも頷けるような気もします。

 

個人的にはあまりに正反対すぎて、調査兵団の主力としては双方共に補いあえる関係性で理想的だけど、プライベートは破綻しそうな二人っていう印象ですけどね。笑

 

なんか印象として、リヴァイは見た目に反して結構周りの人に振り回されるような性格な気がする。折れるからかな。ハンジは言わずもがな、104期とか、もうエルヴィンとかには振り回されっぱなしな気がする。それを「仕方ない」とため息つきながらフォローしたりするっていう印象…。なんだ、なんかいいやつだな。

 

ハンジさんはどっちかっていうと、あまり最新話まで見てみても中身を掘り下げる回はないですが、個人的には一番好きなキャラ。一番共感できて、一番感情移入しやすい。でも、最新話まで見てみて思うのは、このときの巨人狂いなハンジさんが一番輝いてたな…。

 

 

しかしこのリヴァイ班の初登場から最新話までたったの三ヶ月。。。。

 

死亡率がやべえ。そしてどうかハンジさんやリヴァイの大人組には救いのある最後を迎えて欲しい。。。もう最新話見てから、誰もが死ぬような展開しか思いつかない。もう大人組が生き残る未来が想像できない。!涙

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ