江口夏実『鬼灯の冷徹』五 ②

news_xlarge_hozuki05_C_O_N[1]

今日も朝から暑いですね!でも今日も元気にやっていきましょう!

第33話「地獄定例会議」

この話も地味に好き。鬼灯様万歳。こういう人いないと会社まわらないんですよね。

地獄の定例会議、役員だけじゃなくて、一般獄卒も聴衆できるのがいいですね。

地獄運営の透明性が保たれていますし、鬼灯様の地獄耳で一般獄卒の意見もちょいちょい拾ってもらってるから、どんな要望が通って、どんな要望がどんな理由で却下されているのが分かる。笑

一般獄卒の茄子の発言にもどんどん耳を傾ける鬼灯様!

一企業にひとり!鬼灯様!!

「象に酒を飲ませ暴れさせた罪」について、「何をどうしたいんだ何を!?」とバインダーを手の甲で叩いている鬼灯様、すてき。ていうか一人いるの。何時代の人間よ。日本なの?インドとかタイでやんちゃしたんじゃない?

 

叫喚地獄の「分別苦処」では、「殴られ蹴られ説教される」。

それについて「何でここはほんのり優しいか!???」。何であんたはちょっとキレてんだ。笑

一般獄卒の私怨にもきちんと対応しながら、案件をさばいていく鬼灯様。「検討ね」と采配する閻魔大王。

今日のベストオブは決まっているでしょう。

「会議で「検討する」しか言わない奴の舌を抜く地獄もあっていいのでは?」

いいと思いまーーーす!

 

第34話「シロの一日」

このお話も大好き。桃太郎ブラザーズの犬、シロの独白に迫りました!

シロ中心で話が進むと……というかシロの頭の中がわかると……、シロがいかにアホの子かが明らかにされてしまいました。

現世の辛いペット事情。夜叉一先輩の奥様、クッキーが愛玩犬として子犬を生ませるだけに生かされていたように、人間のモノ扱いされて命を粗末にされている動物たち。そんな事情を、動物大好き鬼灯様が、大量の金魚草をかいがいしく世話しながら話していても、シロはアホの子です。笑

 

この子、ほんとに鬼灯様大好き。白澤さんは嫌いじゃないけど、なんかメス臭いし……とか思ってるけど、結局肉につられてる……。

なんじゃこりゃと思っていたら、「ああ毎日が楽しいな。俺、地獄に就職してよかったよ。」の後。

「さあ君も社会犬目指していざ就活。無職犬支援キャンペーン実施中」って。

 

宣伝かい!!!!!!

 

今回のベストオブはシロの頭の中。

「鬼灯様だ!ボス!地獄のボス!イエ~~~~~~~~~~~~イ。あっ閻魔様ウィッス。鬼灯様イエ~~~~~~~~~~~~イ」

こいつやべぇな。

 

第35話「東西異同」

今回はEU地獄の蠅の人ご夫妻のところにご飯食べに来ている鬼灯様です!

外交ですかね。高いものより、安いものが美味しく感じるという鬼灯様。ちらちら見える叩き上げ感。

昔は苦労したんだろうなきっと。たぶん。

ていうかサタン様が忙しいから蠅の人が対応してるみたいですが、サタン様はメイドの制服考えるのに忙しそうです。汗 なんか、この悪魔の王様、ちょっとキモイな。

東西異同のお話、とても楽しい。なんだかあるあるって思える。

そして鬼灯様、妖怪小豆とぎをDJに起用して……って、地獄はいったい何なんだ。笑

こんなに面白いお話をしていて、最終的にリリス様最強。「嫁に適わぬは世界共通」オチって笑

 

今回のベストオブは奥様リリス様が浮気癖について指摘した主人に対して言ったこと。

「アラ。アタシのそういうとこわかって結婚したくせに……。でもお怒りなので。ゴメンナサイ。謝るわ」

と、そしてお詫びを行動でも移すこの人の器の広さ!!!!

嫁に適わぬは世界共通!!!!!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ