江口夏実『鬼灯の冷徹』四 ④

61iEJA7EHML[1]

第27話「ダイエットは地獄みたいなもの」

シロと柿助が明らかに太ってきている……。ていうか桃太郎ブラザーズの仕事ってやっぱりなかなかハードですね。

人間食ってるよ。太ったんじゃなーい?みたいにOLみたいな会話してる三人のデスクには、亡者が血まみれで唸ってるって感じ。

地獄ですね!

とか思ってたら、閻魔大王も太ってきてやばいと。確かに、横から見た腹がやばい!ジムに行こうという閻魔大王にノリノリ鬼灯様……。確かに、嫌な予感しかしないと思ったら、鬼灯ブートキャンプまじで怖い。理不尽。ハードすぎる。これ、ダイエットというか、もはやアスリートのトレーニング。

お香さんのおすすめの鬼女で流行りのダイエット方法もおかしすぎる。

八大地獄の焦熱と、八寒地獄の極寒とを行き来して運動するって……。これ、ダイエットというか……体壊すやつやん。

まあなんか色々とありましたが、今回のベストオブはホオズキズブートキャンプ!と厳しいトレーニングに文句を言った閻魔大王に、「ネタが古い!あと200回!!」の鬼灯様の理不尽さ。どんだけ理不尽だ!!

 

第28話「中国現世に妖怪が広まった訳」

今回は白澤さんと鬼灯様の昔話です!この二人が言い争うのは……面白いですね!

しりあげ足とりしてる二人が仲が悪いのか良いのか、全く分からない。笑

 

二人の昔話で、ふたりが日本地獄の成立前に出会っていたことが判明。

日本地獄に採用された裁判制度は、鬼灯様が白澤さんから教えてもらったことなんですね。日本地獄の成立に神獣白澤さんが実は関与していたことが分かり、、、

妖怪の話が広まったことの原因は、鬼灯様がその時にお酒呑ませまくったから…。。

仲良いんだよね、きっと。

今回のベストオブは天界から現世におっこちた初対面の白澤さんに「……まあ…いいか…話もだいぶ聞けたし…そろそろ帰ろう」という鬼灯様。

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ